Consept コンセプト Consept コンセプト

未来を拓く なでしこの花 
−人を育て、知を活かす−

世界へ、未来へ

2023年に、福岡女子大学は創立100周年を迎えます。1923年、日本で最初の公立の女子専門学校として設立されて以来、福岡女子大学は大学の基本理念である「次代の女性リーダーを育成」を使命に、多くの有為な女性人材を輩出してきました。ますます多様化していく世界のなかで、公立の女子大学として、人と人、地域と世界に橋を架け、新たな価値創造に挑みます。福岡女子大学の挑戦は、世界へ、そして未来へ。

Message

 100周年。それは、建学以来の歩みと折々の営みをふり返り、誇るべき今あるグローバル教養教育の上に、次の100年に向けた大学の挑戦を構想する時です。挑戦。それには、伝統のうちに大学として蓄えた技量の上に、次の時代を読む力、感性、そして想像力が必要です。学生、教職員、卒業生、そして地域社会が一緒になって、確かな目標を創造し、実現への里程を定めなければなりません。

 福女大の学びの共同体は、アカデミック職能集団であるギルドに見立てられます。先達に見守られながら、現在の構成員が持てる潜在力を存分に発揮して、個人の才を開き、大学が持つ建学以来の社会的使命を果たしていくのです。

 100周年を迎えるにあたり、一つに、研究と教育への応用を期して、女性リーダーシップセンターと国際フードスタディセンターの設置を準備しています。この領域における極北となるべく、目下、全力を傾注しています。カリキュラムも刷新し、また一層の国際化も図ります。大学院での研究・教育も高度化し、キャンパス全体がアカデミック・コミュニティとなるはずです。

 この得難いめぐり合わせを、これまでご尽力いただいた方々に感謝をしつつ、建学100周年の持つ意義を十分にくみ取り、ともに寿ぎたいと思います。

福岡女子大学 学長

向井 剛